<bdo id="uk8yq"><li id="uk8yq"></li></bdo>
<small id="uk8yq"></small>
  •  サブリース事業 

    サブリースとは弊社が建物オーナー様からお借りした不動産を、弊社が貸主となりテナントへ貸し出す賃貸方式です。

    サブリースをすることで表面的には手取り賃料が低下しますが、例えテナントが解約して空室狀態になったとしても、弊社がオーナー様側の借主であるため、賃料が保証されます。

    つまり空室リスクがゼロになるということです。

    空室や賃料滯納による賃料未発生が起きないことで、長期的に見ればオーナー様の収益を向上させることができます。

    それに加えて、事業用不動産ではたびたび起きてしまう老朽化や天候災害から起きる各種設備トラブルや法改正による法令順守対応についても

    テナントに対しては貸主である弊社が行うことにより、賃貸管理等の煩雑な業務から解放されるといったメリットがあります。

    空室リスクがゼロ

    空室になったとしても、當社が借主ですのでオーナー様に毎月賃料をお支払いします。

    未支払?支払遅延リスクがゼロ

    テナント企業が未支払や支払遅延したとしても、當社が借主ですのでオーナー様には賃料が入ります。

    賃貸管理?クレーム対応業務の軽減

    契約更新?解除といった諸手続きやクレーム対応は當社が行いますので、オーナー様の負擔が激減されます。

    「変なテナントを入居させる」

    「勝手に建物の工事をされる」

    「無斷で転貸される」

    「造作物が無斷で売卻される」

    契約書でオーナー様の権利を保障

    テナントの決定、工事、入居などに関しては、オーナー様の書面による承諾が必要、と契約書に記載いたします。

    手取り賃料が低下する可能性

    空室リスクゼロにより
    長期的にはメリットあり

    手取り賃料はテナント企業と直接契約する場合よりも低下する可能性がありますが、長期的にみると空室リスクがゼロになるためメリットが発生する場合も想定されます。

    免费啪视频观试看视频网页,国产精品亚洲а∨天堂123,成年做羞羞的视频网站,国产天堂MV在线最新,